てんかんの治療法は内服薬が一般的です。当サイトではラミクタールをメインに説明していきますので参考にしてみてください。

薬と医者と患者
  • ホーム
  • ラミクタールと思春期発症と手帳について

ラミクタールと思春期発症と手帳について

乳幼児期から高齢期まで、転換は発症時期が異なります。
思春期発症のケースもありますし、突発性転換は原因は不明です。
思春期発症の場合、心が成長過程であるために、本人の不安も大きくなりがちです。

思春期発症のケースでは、親が子どもの状態をはあ良くして、医師への説明することも重要なポイントとなります。
てんかんの治療をしていくためには、薬物治療による抗てんかん薬がメインです。
てんかんの発作が起きるのを、薬によって抑える働きがあります。

ラミクタールというのは、抗癲癇薬のひとつでもあります。
ラミクタールは、双極性障害に対しての、気分安定薬を目的としても処方されることがあります。
ラミクタールを入手する場合には、必ず医師の処方が必要になります。

双極性障害に対しては、薬物治療だけに依存するのではなく、自己管理をしていくことも大切です。
基本的な生活を規則正しく行うことも、実はとても大切なことです。
睡眠をしっかりとって、適度に体を動かす習慣を身につけて、野菜やたんぱく質を摂取する食事を食べるようにするという、当たり前と言われることを、毎日しっかりとやっていくことです。
心の不安定は、食事の栄養の不安定や、睡眠不足モア関係します。

助ジュース管理とともに、自己管理に役立つアイテムが手帳です。
スマートドンのスケジュール管理機能を使用するのもいいですが、すぐに開くことができて、いつでも持ち歩くことのできる、紙の手帳を1冊用意すると、意外と自己管理がしやすくなります。
日記帳とは異なりますから、損火にあったことを思い出して書くというものでもありません。
手帳はこれからのスケジュールを記入することもできますし、出先でのちょっとした出来事を書き留めておくにもよいものです。

関連記事