てんかんの治療法は内服薬が一般的です。当サイトではラミクタールをメインに説明していきますので参考にしてみてください。

薬と医者と患者
公開履歴
たくさんの薬を持っている医者

ラミクタールは抗てんかん薬としてよく使われている薬です。
また双極性障害、いわゆる躁うつ病の治療薬としても用いられます。
てんかんは脳神経を走る電気信号が異常に多くなることで起きる病気です。
ラミクタールは神経のナトリウムチャネルを抑制し、興奮を静めることにより、てんかんの発作を抑える効果があるとされています。
ただし、躁うつ病に作用する理由はよく分かっていません。

ラミクタールは子供のてんかんにも効果的です。カシス風味の飲みやすい錠剤で、砕いてから水に溶かして飲むこともできます。
単独でも効果を発揮しますが、ほかの抗てんかん薬では十分な治療効果が見られないとき、それらと組み合わせて用いられることもあります。
多くの薬と飲み合わせがあり、併用する薬によって血中濃度が高くなったり低くなったりするため、慎重な処方が必要です。
ラミクタールには皮膚障害や眠気、吐き気などの副作用があり、死亡例も報告されています。

まず発疹が見られ、発熱や目の充血、むくみや粘膜のただれ等に進展します。
このような症状が出ることはめったにありませんが、発疹が出たらすぐに服用を中止し、医師に相談しなければなりません。
特に小児には副作用が出る可能性が高いと言われています。

ラミクタールは最初は少量を使用し、様子を見ながら少しずつ増量していくのが基本になります。
初めから大量に服用すると、皮膚障害を起こす危険が大きいので、医師の処方をきっちりと守る必要があります。
またてんかんは投薬を中止すると再発しやすいため、発作が出なくなっても、自分の判断で薬をやめるのは良いことではありません。
この場合も医師と相談の上で、少しずつ減量していくことになります。

継続して服用が必要な場合は、個人輸入で薬を買う方が安く済みますから、病院で処方してもらわずに薬だけ買うのもいいでしょう。
ただしあくまで、自己責任になってしまいますから、心配な方は医師と相談したうえで費用を安く済ませるために個人輸入で薬を購入し、定期的に病院を受診するという方法もあるでしょう。
また、ラミクタールのジェネリック医薬品も発売されていますから、ジェネリックを選択するのもさらに費用を抑えるポイントです。
ラミクタールジェネリックの薬価は個人輸入の代行通販サイトによっても異なります。
値段は安くても口コミの評価がいいかどうか信頼性の面でもしっかり考えて選びましょう。
てんかん発作は、起きる状況によっては命にもかかわります。
薬を服用して発作をできるだけ予防するという対策は必要になってきます。

記事一覧

犬のおよそ100頭に1頭に、てんかん発作が発生する可能性があると言われています。 てんかん発作の特徴...

乳幼児期から高齢期まで、転換は発症時期が異なります。 思春期発症のケースもありますし、突発性転換は原...

人間の脳

てんかんの発作予防や躁うつ病予防の医薬品にラミクタールがあります。 ラミクタールは製造販売元より、使...

診ている医者

最近、双極性障害の治療薬として注目されているラミクタールというお薬をご存じでしょうか? もともとラミ...

たくさんの薬

ラミクタールは、薬品名ラモトリギンと言い、抗てんかん薬として用いられています。 神経膜を安定させ、フ...

医者と患者

てんかんの患者さんにとって恐れていることはやはり差別です。 てんかんを持つ方による交通事故などがテレ...